児童向け福祉現場でも風船をご活用いただいています!

「キッズサポートりま」様から、弊社の風船をご活用くださっているお写真を頂きました。
ここでは積極的に風船を使ったあそびを取り入れてくださっています。

 

こちらは重症心身障がい児や、身体に障がいのある就学児(小学生から高校生まで)とそのご家族のための、
家庭と学校との間の3つめの居場所、「放課後等デイサービス」事業所です。

 

身体にハンディキャップのある児童・生徒さんたちへ、トイレや食事などのADL介助を行いながら、
創作・運動ゲーム・スヌーズレン・外出など、さまざまな経験機会を提供しています。

 

これまでもこのブログにてご紹介させて頂いております!
キッズサポートりまさんでのワークショップに参加いたしました

風船あそびの現場を拝見してまいりました

 

 

それでは早速ご紹介いたします!

 

天井一面につらなった風船は、まるでお祭りのよう!
実は飾られているだけではなく、横になっている子どもたちでも叩いて遊ぶことが出来るような工夫がされているのです。

このように「りま」さんでは、日常的に風船を使ったワークを取り入れてくださっています。
子どもたちに風船あそびをリクエストされることもあるそうです。
(最近のブームは風船バレーなんだとか!)

 

 

風船がいっぱい!
空気を入れ、ふわりと浮かべて、手で叩くだけでも、体を使った遊びになります。

ちょっと体にハンディがあっても、もちろん無くても、風船ならいっしょに遊ぶことができます。

 

 

左手でアタック!ボンボン弾いて、たのしそうなお顔。

立ったり座ることができなかったりと、移動が難しい方々にとって、風船の動きは最適なのだそう。

ぱっと場が明るくなって、安全で「怖くない」ツール。
そんな理由もあって「りま」さんでは風船あそびをよく取り入れて下さっています。

 

頂いたお写真に、私たちもとてもうれしくなりました!
キッズサポートりまの佐々木さまはじめ、スタッフの皆さま、りまキッズの皆さま、誠にありがとうございました(m)。

 

 

キッズサポートりま
墨田区 立川 1-16-20 Y2BLDG 1・2階
開校日(放課後の日)10~19時/休校日(土曜・夏休み等)9~18時