言問小学校80周年でバルーンリリースを行いました

 

寒さも少しずつ強くなってきた中、素晴らしいお天気に恵まれた日。
墨田区立言問小学校80周年のお祝いでバルーンリリースを行って参りました。

 

 

生徒さんの思いを乗せたメッセージつきの風船が出番を待っています。

バルーンリリースでは、風船の受け渡しを校庭や野外にて行うことがほとんど。
手を放してしまうと、ヘリウムガスを入れた風船はあっという間に飛んで行ってしまいます。

 

万が一そんなことが起こらぬよう、弊社スタッフが受け渡し方、紐の持ち方などをレクチャーさせて頂いております。

 

 

「束ねられた風船の紐を上の方でしっかり持ちます。

生徒さんに渡すときや1つずつ取るときは、下からではなく必ず上から取ってください。

そうすると絡まらず、きれいにとれます。」

などなど。

ご協力くださる先生方やPTAの皆さまへ、安心して引き渡すためのコツをお伝えしました。

 

 

この日はスカイツリーが良く見える、まさにバルーンリリース日和の良いお天気。
気温もあたたかく、80周年のお祝いにぴったりでした。

 

 

この度は、校庭にて生徒さん1人1人に風船を手渡しました。
手にいっぱいの風船。うっかり飛んでいかないか、ほんの少しドキドキします。
手元で一度くるりと紐を巻いておけば安心です。

 

 

生徒さん、先生方、PTAの皆さま。会場の方、
一人ずつ風船が手に渡ったら、いよいよバルーンリリースがはじまります。
…さん、にー、いち!

 

 

スカイツリーを超えていくかな?みんなの思いが世界に届きますように!

 

言問小学校80周年、誠におめでとうございます!
この度ご尽力頂いた皆さま、ありがとうございました。(m)

 

 

墨田区立言問小学校