第22回ふうせんバレーボール全国大会

こんにちは。
先日11月20日は北九州総合体育館にて、「第22回ふうせんバレーボール全国大会」が開催されました。

今回も前日に、ふうせんバレーボールの創始者である荒川さんにお会いしに行きました。
風船をずっと作り続けている伊藤さんと、20年前にその風船に出会ってから使い続けてくださってる荒川さんとの対面が実現出来た事は、とても嬉しかったです。

 

試合当日は北九州市長を囲んで来賓での写真撮影や、お昼の時間に「ふうせん」の作り方や、

工場の様子などを動画を使ってプレゼンする機会も頂きました。
質疑の他にも貴重なご意見を頂く、よい機会となりました。ありがとうございます。

 

これからも、ふうせんバレーボールの輪を広げて、みんなが楽しく元気になってもらえるよう、努めていきたいです。(y)

 

↓ふうせんバレーボール創始者の荒川さん、工場の伊藤さん、斉藤

↓北九州市長を囲んで来賓みんなで

 

↓大きな体育館で、12面のコートが作られ24チームが一度に対戦します

↓ふうせんを思いっきりサーブします

↓お年寄りも障がいをお持ちの方も参加しています

↓子供も参加しています

↓ふうせんバレーボールのマスコットの印刷されたふうせんをおもいっきりサーブ

 

 

↓お昼休みにみなさんにふうせんの作り方の動画をご覧頂きました

↓みなさんの前でプレゼンを行い、質疑応答をしました

 

↓ふうせんバレーボールとはという、協会の動画をご紹介します