“小学生のための理科の王国”で風船を使った実験を行いました。

2013年5月9日(土)

墨田区立両国小学校にて“小学生のための理科の王国”が開催されました。

 

ここでは弊社のmarusa balloonの紹介と風船を使った理科の実験を行いました。

 

風船を使った実験は風船の大きさ、形、重さがそれぞれ違う風船を用意して

どの風船が一番跳ぶかなどを実際に風船を跳ばしながら実験を行いました。

 

↓まずは風船大臣から挨拶。

 

↓体を使うので念入りに準備体操を行います。

 

↓風船を使ってゲームをしながら同じグルーブのお友達に名前を覚えます。

 

↓それぞれ大きさ、形、重さが異なる風船を実際に飛ばして、
どの風船がよく飛ぶか実験をします。

 

↓それぞれ飛んだ風船の距離を記録してグループごとで結果を話し合います。

 

↓グループごとに纏めた結果をみんなのまえで発表します。

 

↓最後に風船の作り方を映像で観ながら大臣が解説してます。

 

↓「今日、楽しかった人は手を挙げて~!!」

 

当日、プログラムを行うにあたり、沢山のボランティアの方にご協力を頂きました。
・はちまきの会 10名
・東京ふうせんバレー振興委員会 2名
・学生 3名
この場を借りて心よりお礼を申しあげます。
ありがとうございました(t)